Categories

HOME>Review>ねずみの被害を甘く見ることなかれ!早めのねずみ駆除がポイント

ねずみの被害を甘く見ることなかれ!早めのねずみ駆除がポイント

鼠

住み着いているのに、ねずみ駆除を放っておくと、どうなってしまうのか口コミを紹介中です!糞害、病原菌は人間にとっても悪い影響を与えてしまうので、早めに対処しておくべきだと言えます。

みんなの声

棲みついていたねずみを放置したら、食料が食べられていました。

たまに天井からゴソゴソっと音がしてくるので、ねずみがいることは知っていました。ただゴミ置き場やドブだけでなく、堂々と道路を横切っていくねずみを見たことがあったので、「うちにいるねずみはまだ大人しいほうだ」と高をくくっていました。しかし、台所や居間を掃除する際、ねずみのフンを発見。あちら側にいたはずのねずみが、こちら側へと近づいてきたかのよう。それでも姿を見たわけではなかったので、寝ている間に子どもがいたずらしていくような感覚でした。知らぬふりで放置していると、ある日、そうめんの入った木箱が開いているのに気づきました。束になった麺の先端がかじられています。まちがいなくねずみの仕業。お中元でいただいた高いそうめんだったので、さすがに腹が立ちました。病原菌のことを考えたら、そうめんの箱ごと捨てなければならないからです。それを機に、ねずみ駆除へと乗り出しました。
[50代|男性]

日に日にねずみの臭いがきつくなってきて・・・

簡易な造りのアパートなので、ねずみが侵入しやすかったのかもしれません。周辺も似た造りの、築30年以上の家屋ばかりなので、そのどこかにねずみの大きな巣があるのでしょう。ベランダの溝を掃き掃除しているときに、排水溝周辺から獣のモワッとする臭いがしました。顔を近づけてみると、乾燥したねずみのフンがパラパラと落ちています。そのときは、「よそから来て、たまたま通り過ぎただけだろう」と甘く見積もっていました。というより、まさかうちにねずみが棲みついているなんて考えたくなかったので、無理矢理にそう考えるようにしていた節があります。何も対策せずにいると、しだいにねずみの臭いがきつくなっていきました。尿やフンも生乾きのときがあり、ついさっきまでウロウロしていたことが分かりました。これ以上放置するわけにはいかず、ねずみ駆除をすることにしました。
[30代|女性]