なかなか消えないしわは美容液で撃退しよう

婦人

日々のケアで若さを保つ

肌ケア

乾燥と紫外線対策が不可欠

年齢を重ねるごとにしわは増えていきますが、しわができる原因を知ることで、ある程度予防することができます。しわは笑顔などを作ることでも、肌が折り込まれるためにできますが、皮膚が乾燥している状態では更にしわができやすくなるのです。また、肌が乾いておりますと、細かなちりめんじわが発生して、ケアをしなければその数も増え、ハッキリとしたしわに成長してしまいます。何より水分が失われた肌では弾力も期待できませんから、できたしわも元に戻りにくくなり、やがて定着じわになるのです。そこで、しわを未然に防ぐためにも、日々の生活で保湿をしっかり行うことがポイントになっています。保湿ケアでは化粧水のほか、セラミドなどの保水成分を含む美容液をたっぷり使いましょう。美容液を塗ることで皮膚内部の水分が蒸発することも防げますから、保湿ケアには欠かせないコスメです。一方、紫外線対策を行うことも、しわを防ぐうえでは欠かせません。肌は紫外線を浴びますと、表皮の奥の真皮でコラーゲンが減ると共に、それをつなぎ留めるエラスチンも劣化します。そのことで肌の弾力が低下して、深いしわができるようになるのです。ですから、紫外線のダメージでしわを作らないためにも、UVカット機能を持つ美容液を使って、毎日ケアしておきましょう。特に目元は肌が薄く、紫外線も当たりやすい場所ですから、きちんと塗っておきます。そのほか、頬も紫外線を浴びやすい部位ですが、意外に首筋も影響を受けますので、忘れずにUV美容液でケアしてください。